雲のやすらぎプレミアム ベッドに使うカバーやシーツのポイント

ボックスシーツはカビや湿気でへたる原因になるのでNO!

こちらのベッドを使用するときは、基本的にシーツをしっかり付けるようにしましょう。ただし、シーツであれば何でも良いわけではありません。ボックスシーツは底の部分にゴムが入っており手軽に装着できすが、デメリットもあるのでむやみに使わないようにするのが無難です。素材や環境によっては、予想以上に湿気がこもってカビが発生する場合もあります。手入れを怠ったまま被せ続けていると、へたる原因になってしまうことも珍しくありません。

マットレスは洗えない&布団乾燥機NGでカバーは2枚必須

当然ですがマットレスは洗濯機で洗うことはできませんし、布団乾燥機で乾かすことも不可能です。したがって、それ自体ではなくカバーを洗って干すことになります。ここで重要になるのは、その間は剥き出しになってしまうということです。ダイレクトに汚すことになるので、使うのはやめておいたほうが良いでしょう。とはいえ、洗っている間も使いたい場合もあると考えられます。そうであるなら、2枚は用意しておいて交互に使用する必要があります。

湿気でカバーがダメになる事を考えるとすのこは必須!?

就寝中に人間の体から汗が出るのは避けられません。それによってカバーが駄目になることも十分にありえます。そのため、メンテナンスとして天日干しをするのが好ましいですが、なかなかその時時間をとれない場合もあるかもしれません。その対策として日頃から水分が底に溜まりにくい運用を心がけましょう。具体的にはすのこを置いてその上に敷くようにすれば良いのです。そうするだけで、底面の通気性が格段にアップするので寿命を延ばせます。

収納は大変な上にカバーが裂けるリスクあり…

寿命を延ばすもう一つのポイントとして、強引な収納を避けることが挙げられます。布団を使い慣れている人などはマットレスも同じように考えて、日中は片付けておきたというケースが見受けられます。しかし安いカバーを使っていると、過度の力が加わることによって破けてしまう場合があるのです。そのため、基本的には小さくまとめるという発想は持たないほうが良いでしょう。そもそも大変な労力が必要になる点からも望ましくありません。

耐久性を高めるためにカバーはこまめに変更!

長持ちせる秘訣は、面倒だからといってシーツやカバーを付けっぱなしにしないことです。そのまま使い続けていると、湿気や摩擦によってダメージが蓄積していくことは避けられません。すなわち、どのような人が使用した場合でも耐久性は少しずつ下がっていくことになるのです。ただし、適切な手入れによってそのペースを落とすことは決しては不可能ではありません。定期的に変更して万全に近い状態を保ち続けることでダメージが溜まるのを防ぎましょう。