雲のやすらぎプレミアム ベッド上か敷布団みたいに1枚か…

マットレスではなく敷布団なので1枚でも十分な寝心地!

雲のやすらぎプレミアム、その厚みは17センチと他社製品と比べて圧倒的です。まるでマットレスのようですが敷布団ですから1枚でも充分な寝心地、床付き感0で正に雲の上に浮いているようなふんわり感です。むしろこれ1枚で良いように計算されて作られているので、更なるふんわり感をと2枚重ねすると腰への負担が大きくなってしまいますから注意しましょう。その厚みの中に5層構造が出来ていて、腰をしっかりと包み込むのです。

ベッド上に置くときの注意点(除湿シートは使った方が良い)

厚みがある分たたみにくく、押入れから出したり仕舞ったりするのは難しい雲のやすらぎプレミアムですからフローリングにて万年床となるよりはベッドに置くことをおすすめします。その際、除湿シートは使った方が良いでしょう。浮いている分、フローリングに直接というよりは湿気も逃げやすいもののカビを防ぐ為に必要です。それで安心して敷きっぱなしにするのはやめましょう。定期的に立てて乾かすようにし、向きも入れ換えした方が寿命の延びます。

フローリングに直で敷く注意点(湿気でへたる可能性あり)

ベッドではなくフローリングに直で敷くのならば、特にお手入れが必要となります。使わない時間は立てておくかすのこに置くようにした方が良さそうです。重みだけでなく湿気もまたへたる原因に、その極厚のふんわり感こそが腰によく寝心地を約束しているのです。面倒でもきちんとメンテナンスしてやっていないとあっという間に快適さはなくなってしまいます。せっかくそれなりのお金を出して手に入れた雲のやすらぎプレミアム、長年使えるようにしましょう。

ベッドの上だと相性によって腰痛が悪化する可能性も

湿気対策にはベッドの上に置く方が断然おすすめ、ただフレームの硬さが加わりますから体圧分散が上手くいかず寝返りしにくくなって腰痛を悪化させる可能性もあります。雲のやすらぎプレミアム自体に厚みがあるため、場合によっては高さが出すぎて落ちて怪我してしまうことだってあります。フレームに直接置くようにしてマットレス2枚重ねとならないのは当然のこと、高さや素材にも気を配り雲の上のような寝心地の良さを残すようにしましょう。

寝返りが多い場合はシングル→セミダブルにするのもあり

1人用だからといってシングルというわけではありません。寝ている時に寝返りしやすいようセミダブルを選ぶのもありなのです。大切なのは寝心地のよさ、1日のうちの何時間も費やすところですからとことんこだわりましょう。快適な眠りは腰はもちろん体全体の健康も取り戻せます。朝から頭もしっかり働くので仕事もはかどり、良い効果が得られることでしょう。98パーセントもの方々に満足いただいている雲のやすらぎプレミアム、おすすめです。